2011年04月19日

ばんこのその後の報告

かぁちゃん、情けない・・・もうやだ〜(悲しい顔)
みなさんに心配させる日記をかいたまま放置・・・。
かぶれはどうだった?大丈夫?と心配のメールをいただいたり
本当にごめんなさい。ありがとうございましたアリガト

かぶれはひきませんでした。でも炎症性乳がんだと確定したわけではありません。
炎症性乳がんは進行が早く、手の施しようがないと前回にも書きましたが
可能性が高くなったということです。


乳腺腫瘍の手術をするという前提で検査だけでもしておきましょうかということで
血液検査、心電図、レントゲンなど、手術にあたり必要な検査を29日にしました。

加齢による骨の異常や、気管支が石灰化してる部分がみられたりはしましたが
血液検査やレントゲンでは異常なしどころか、驚くほどとてもいい状態という
結果がでました。
この状態なら手術しましょう〜と言いたい所なんですが
大変申し訳ない・・・と先生の言葉が加わりました。

心電図でかなりの不整脈の異常がみられるとのことで
ばんこの心臓の状態を詳しく調べた方がいいということで心臓専門の病院を紹介していただきました。

とにかく、興奮させないようにすること。
お散歩はゆるゆるならOK。
他の犬になるべく会わない時間帯を選んでお散歩してくださいでした。

ばんこは、ブルテリア以外の子は大好きすぎて興奮度がマックスなんです。
あと、お風呂も少し回数を控えて、入るときはサーーーッと。
そういう事に気をつけながら検査まで過ごしました。

4月4日に検査をしてきました。
結果は、心室期外性収縮を起こしていて(2段脈)
拡張性心筋症の疑いありです。心臓がすごく大きい・・・
超音波検査では、グレーゾーンの数値が出たのでもう一度検査をして様子をみます。

ただ、心臓の検査をまって手術をするにしても
心臓で亡くなるのが早いか、乳がんが悪化して手をつけられなくなるか・・・
かなり微妙な状態で難しい判断です。
ばんこちゃんの場合朝目が覚めたら亡くなっていたという突然死もあり得るという話です。
そういう病気なのだそうです。

検査のあと、主治医の病院へ行き先生と相談しました。
もちろん、心臓の先生と主治医の先生とは電話で連絡をしていて
治療方針などを話し合ってくれていました。

主治医の先生は、今のばんこちゃんの心臓だと手術ということは念頭においてません。
ということでした。

手術中に亡くなるというリスクが高いそうです。
かぶれだと思っていたのが万が一炎症性乳がんだとしたら
傷をつけるだけでも、炎症を起こし癌の進行をまた進めてしまうそうです。
なので、細胞をちょっととって調べるということもリスクが高いんです。
調べてもわかることは、癌であるか、ないかだけです。

癌であった場合は、抗がん剤しか方法がないようです。
ばんこが来た時から、いつかこうなった時はどうしようかと
我が家では話し合いを続けていました。

抗がん剤はしません。
抗がん剤は効き目はあるようですが、進行を少し遅らせることはできても
治すことは難しいようで、副作用も場合によっては辛いようです。

心臓が手術できる状態ではないので

今私たちにできることは

ばんこから目を離さない。
ばんこのペースでゆるゆると過ごす。
楽しいことはさせてあげる。(ストレスからの興奮は避ける)
家族みんな仲良く、楽しく過ごす。
かぁちゃんは泣き虫だけど、笑顔でいる!

このくらいしかありません。

今年は西宮では有名な夙川でお花見桜をしてきたんですよ。
気分が晴れやかになります。
マロリーたちとも、山にいって走り回ってきました。
ばんこも珍しく飛び跳ねて大喜びしてました犬(笑)

こんな風に日々すごしていれば
寿命だってのびるかもしれないです。

最悪の炎症性乳がんではないかもしれないという希望もまだあります。
最悪そうであれば、手術をしてもすぐに再発。数ヶ月だといわれています。
手術をしないでいれば、それよりは長く生きられるようです。

炎症性乳がんはわかりにくく、乳腺腫瘍の手術をして取ってみてわかることが多いようです。
ばんこの場合かぶれのような症状が出たので、疑いありと診断されたので
細胞を採って調べることも、危険なので避けることもできました。

ばんこは元気なんですよexclamation食欲も旺盛グッド(上向き矢印)お散歩もゆるゆるといっぱい歩きます犬(足)

無理をさせないように、楽しいことをこれからもいっぱいしますよるんるん
楽しい日記を書いていきますので、これからもよろしくです。

昨年、来年も桜がみれるといいなぁって日記に書いたような気がします。
今年も桜と記念撮影カメラできましたよ。

来年も記念撮影できるといいなぁと真剣に思ってます。

CIMG5255a.jpg
4月25日にもう一度心臓の検査をしてきます。
検査結果によって、治療や薬がいるかもしれませんがまだまだがんばりますよ。

震災が起き、病院へも連れて行けない子たちがいる中
ここまでしてあげることができる環境にいることをいつも感謝しながら・・・・

長文になりましたが、ようやく文章にして心配をおかけしたみなさんに
お伝えすることができました。
かぁちゃんもまだまだくじけませんからね。母は強しです手(グー)
ニックネーム ばんぴーおやじ&かぁちゃん at 16:15| Comment(10) | TrackBack(0) | Vanko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばんこ母ちゃん、大変な中でのお知らせをありがとうございます。
なんとも言えない結果だね…。
でも、ばんこちゃんが今元気に過ごしていること、食欲があることがうれしいです。
自分の足で歩けていることも大事ですよね。
検査で大変な日々が続くと思いますが、どうか笑顔を忘れないで。
ばんこ母ちゃんと父ちゃんの笑顔は、どんなお薬よりも効くはず!!

フェリーチェも心臓肥大気味で…気にするほどではないけれど、頭に入れておかなくてはいけない要素なんです。
運動しすぎてもいけないし、運動不足もいけないし。
ばんこちゃんみたいにゆるゆる散歩をいっぱいするのが、心臓に負担をかけなくていいんだよね。
抗がん剤は、私も万が一のことがあってもきっと使わないです。

Posted by 美香 at 2011年04月20日 05:45
ばんぴーかーちゃん。。。私が泣いちゃいましたよたらーっ(汗)ゴン太郎君とこのりんちゃんも大変だし、ばんこちゃんも大変だし。。。お友達が大変でどうしてあげる事も出来ず。。。ごめんねたらーっ(汗)
歳を重ねると人間も、ワンコも体にガタがきます。それは仕方ない事ですよね。でも出来るだけ無理しないで1日でも長く一緒に居たい。
ばんこねーさん!!みかんとまったり遊んでね!!
ばんぴーかーちゃんもとーちゃんも無理しないで、体に気をつけてね!!
Posted by みかん@京都 at 2011年04月20日 11:15
かぁちゃんの笑顔が、ばんこちゃんにとって一番のお薬ですよね。
ほんと、無理をしないで、少しでも楽しく穏やかな毎日を過ごせますように〜。

ばんこちゃんも、とうちゃん、かぁちゃん、P太郎くんと一緒にのんび〜り過ごせるのが幸せですよね。

また花とも遊んでくださいね。
なかなかまったりとは遊べない花ですが。。。^^;

とうちゃん、かぁちゃんもお疲れが出ませんように。
Posted by クマコ at 2011年04月20日 14:48
美香さんへ

美香さんも大変な時に心配をおかけしてごめんなさい。
今は、何もないくらいいつものばんこなんですよ。
ただ、おっぱいの所のしこりが硬くなってたり、その周辺が赤くただれてたりしてみてしまうと現実に引き戻されてしまいます。

最初、病名を聞かされたときは病院を出てすぐに涙が止まらず、すごい顔で車を運転して帰ってきていましたが今は心を落ち着かせてばんこに一番いいのは何なのか?って考えています。
本当に、何がいいのかなんて答えは出てこないんだけどね。

検査も、次回でおしまいです。
ばんこの場合、昔から激しく走ったりすることはあまりなかったんだけどそれは前から不整脈みたいなことはあって、自分で自分の病気がよくわかっていたからじゃないかなって、心臓の先生に言われました。

なるほど、そうかもしれないなぁと思って、ばんこが自分からはしゃぐことは体にはそんなに悪くはないことだろうと思ってます。

フェリーチェと一緒に遊べる日を楽しみにしています。
きっと叶うことだろうと思ってます。
Posted by ●美香さんへ● at 2011年04月20日 15:21
みかんママさんへ

みかんママ、ありがとね。
ばんこはいつもと変わらないばんこです。

私がめそめそしていると、心配をするばんこなので、元気にしていないとね。
楽しいことはいっぱいするつもりなので、これからも遊んでねー。

とうちゃんも私も元気です。
2人と2頭で毎日ダラダラゆるゆると過ごしてます。
Posted by ●みかん@京都さんへ● at 2011年04月20日 15:26
クマコさんへ

毎日、のんびりダラダラと相変わらずすごしていますよ。
どうしても、ばんこを優先。ばんこのペースで過ごすことが多いので、ぴー太郎はこないだはとうちゃんが山登りに連れていきました。
ぴー太郎も我慢してることが多いだろうからまた花ちゃんと走り回れたら楽しいだろうなぁと思います。
が、場所が思いつかないんだよねぇ〜。
ぴー太郎用に、あのサークル購入かしら〜。
花ちゃん、まだ脱出できること学習してない?(笑)
Posted by ●クマコさんへ● at 2011年04月20日 15:31
今、母の病院から、帰って来ました〜
前、「元気ですか? 」で、打ったメールが
バンコちゃんの その後で、わたしはあんなに優しいバンコちゃんが、なんで!? と泣けました〜
抗生物質は うちもそうなったら、使わない!と思います。
きっと、、明るいかぁちゃん、とうちゃん、P−太郎くんで、奇跡が起こるヨ〜。
そうなってほしいです!
かぁちゃん、バンコちゃん〜ガンバレ!!
Posted by ゴンりんママ at 2011年04月21日 15:17
バンピー母ちゃん父ちゃん。バンコちゃんとの今を大切にのんびりゆったりまったり過ごして下さいね。うちの無くなったぶーちゃんは実にずーっと強心剤を飲み続けました。
 でもある時薬漬けに逆に疑問を持ち、最後の一年程は薬を止めました。でも咳も何もかもそれまでと同じでした。 落ち込む事無く明るく過ごして下さいね。
Posted by ぶー母さん at 2011年04月22日 07:43
ゴンりんママさんへ

ママさんもりんちゃんが大変なことになっていたのにこちらも自分のことでいっぱいいっぱいで、知らずにごめんなさい。

ばんこもゆるゆると生活していますし、今はとっても元気なので安心してくださいね。
ばんこもみんなの応援が心に届いていると思います。

今日は雨ですね。
のんびりとばんこもぴー太郎もおうちで過ごしてますよ。
朝風呂ならぬ昼風呂に2頭とも入ってます(笑)
Posted by ●ゴンりんママさんへ● at 2011年04月22日 11:56
ぶー母さんへ

連絡をしようと思いつつ、ごめんなさい。
温熱もかりっぱなしで。
時々、赤くなったおっぱいをみて現実に引き戻されることもありますがいたってかぁちゃんとうちゃん元気です。

先生から何か新しい現実を聞くたびにその時は動揺したりするんだけど、少しずつ噛み砕いて心にいれていっています。

長野行きは中止じゃなくって延期のつもりでおりますよ〜。
長野の綺麗な空気をいっぱい吸い込みにいきたいなぁって諦めてませんからね
Posted by ●ぶー母さんへ● at 2011年04月22日 12:00
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2634050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック