2011年06月15日

ありがとう。の気持ち

ばんこ、6月12日(日曜) 朝火葬に向かい昼過ぎには小さな骨になっておうちに帰ってきました。

闘病中から、ばんこそしてばんぴー家をたくさんのお友達が支えてくれました。

本当に心から感謝しています。ありがとう。

ばんこは、かぁちゃんにとっては一心同体。同士みたいなものでした。

子どもに恵まれなかったかぁちゃんにとっては、犬ではなく、娘でした。

闘病はばんこの限界を超えていたと思います。

それなのに、一生懸命生きようと頑張っていました。

ばんこがとっても苦しんだことで、なくなった瞬間哀しみと同時に

やっと楽になれたねという安堵感がありました。

ばんこが逝く最期の最期までばんこの目をみてお話できました。

それが、今の私がしっかりしていられる理由だと思っています。

ばんこ、かぁちゃんがダメダメで泣き虫で

きっとどうしようもなく哀しみに暮れるとわかっていたのね。

代わりにいっぱい苦しんで、かぁちゃんを強くしてくれた。

だから、私は大丈夫。

今、哀しみに暮れるかぁちゃんをみたらばんこはきっと哀しむことでしょう。

ばんこには、ありがとうという言葉しか見当たらないくらい。

かぁちゃんの娘になってくれてありがとう。

とうちゃんの娘になってくれてありがとう。ぴー太郎を弟として迎えてくれてありがとう。

CIMG5510a.jpg

ぴー太郎はきっと、ばんこが呼んだと思っています。

違う性格だと思ってる人が多いと思いますが、ばんことぴー太郎はとっても似ています。

最近は、やることから表情まで似てきました。

CIMG5526a.jpg

前世では、ばんことぴー太郎はもしかしたら親子とかだったんじゃないかと思うくらいです。

ぴー太郎がばんこの闘病に夜中でも一緒に起きて、苦しむお姉ちゃんを硬くなって見守り

それが、毎日続きました。

上から、下から血を出して声をあげるお姉ちゃんを見続けたぴー太郎。

今、ぴー太郎のダメージがとても大きいんです。

ぴー太郎がきてから、お姉ちゃんは当たり前のようにいて

いつもくっついておねえちゃんを頼りにしていました。

CIMG5584a.jpg

ばんこが逝ってしまう瞬間、ぴー太郎は大暴れしてお姉ちゃんの体中を匂ってました。

なくなった体の横にいつものように寄り添ってまるまってるんです。

そうかと思えば、その日はブルテリアの友達がかけつけてくれて家の中で運動会。

おねえちゃんを踏んづけそうになり、かぁちゃんにこらーーー!と怒られっぱなし。

CIMG5623a.jpg

ぴー太郎、本当はとっても頑張ったのはあなただったね。

ぴー太郎のケアをしっかりしてあげようと思っています。

手術も諦め、検査も諦め。その代わり楽しい時間を・・・と思って日々過ごしました。

上の写真は、マロリーと5月20日に一緒にお山にいった写真です。

後半は、遊びに出るのも難しかったけど

ブルテリアの友達が順番にお見舞いに遊びにきてくれました。

本当に、たくさんの方々、犬々に支えられ 感謝の気持ちでいっぱいです。

形はなくなってしまいましたが、ばんこはずっと私の傍にいます。

とうちゃん、ぴー太郎、そしてお友達の傍にいます。いつまでも・・・

CIMG5692a.jpg

とうちゃんが平気にしているようで一番ダメダメです。

男だから・・・と頑張ってますが、コメントを読むと涙を浮かべて堪えています。

こんな辛そうなとうちゃんをみたのははじめてです。

我が家の男チームを支えられるのは、かぁちゃんもですがブルテリ友の力が大きいです。

どうか、これからもばんぴーファミリーをあたたかく見守っていて下さいね。

よろしくお願いします。

CIMG5694a.jpg


ニックネーム ばんぴーおやじ&かぁちゃん at 08:42| Comment(14) | TrackBack(0) | Vanko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばんちゃんの写真、みんな素敵だね。やっぱ華に似たとこある、ある。            こちらこそ、お友達でいてくれてありがとう。
私たちもばんちゃんは心の中にちゃんと刻んでいますよ。
これからもずっとね。
男組、早く元気になあれ。
かあさんもお疲れが出ませんように。
Posted by 華 at 2011年06月15日 22:42
華ちゃんへ

最後にお別れにきてくれてありがとう。
お友達でいてくれてありがとう。
華ちゃんとは空気のような関係で、遊びにいってもお互いマイペースだったね。
また海に一緒にいきたかったね。
でも、華ちゃんをずっと見守っているからね。
ぴー太郎、とうちゃんかぁちゃんをこれからもよろしくね。

ばんこ
Posted by ●華ちゃんへ● at 2011年06月16日 08:50
いつも楽しみに拝見させて貰ってました うちも15歳までいた子供がわりの猫が亡くなり5年近くペットロスで苦しみました。あれもこれもしてあげれば… もっと長生きできたかもと自問自答の毎日です 5年たちようやくわかったのは巡り逢えて良かった 一緒に家族でいられて良かった 最後のあの時までいられて良かっただけです バンコちゃんのご冥福と御家族が元気になられますように
Posted by pan at 2011年06月16日 09:45
バンコちゃん、逢ってみたかった。
写真で見るバンコちゃんはその優しい性格が表情にあふれていたよね。
ぴー太郎もひとりっこになってしまったね。
でもバンコちゃん、いつもきっと傍にいるから家族仲良く楽しくいこう。
笑顔の父ちゃんとバンコちゃん、一緒に写った写真、いい写真だね。
バンコちゃんはみんなをこんな笑顔にしてくれてたんだよね。
かあちゃん、あまり無理しないでゆっくり元気になろうね。
Posted by MAKI at 2011年06月16日 15:51
この日記を読んで、最後の方はばんこちゃんとってもしんどかったんだなーってあらためて知りました。本当良く頑張ったんだね。
痛みに強いブルテリアが声を上げ吐血、下血って読んで涙が出てきます。
ぴー太郎も辛かったね。
ばんこちゃん天国で皆を見守ってね。
Posted by みかん@京都 at 2011年06月16日 18:17
panさんへ

コメントありがとうございます。
はじめましてでしょうか。
ペットロスで長年苦しまれたこと・・・今は大丈夫ですか?
私はまだ実感がわいていません。少しずつ振り返ることもあり、振り返るとあの時こうしておけば・・・と悔やまれることもありそれを感じると胸が痛くなります。
ばんこがきてくれて私の人生が大きく変わりとっても豊かなものになりました。
いつまでも、ばんこと一緒だしこれからも大事にしていきたいと思います。ありがとうございます。
Posted by ●panさんへ● at 2011年06月17日 07:56
MAKIさんへ

会ってほしかった。4月に北上する予定だったので、帰りにでもMAKIさんに連絡がついたらちょこっと寄ろうか?なんてとうちゃんと話をしていたんです。
私は元気です。もっと大変なことになるかと思っていたけど心の持ち方ひとつでバランスがとれています。
今はまだ実感がないというのも正直なとこ。
ただ、ぴー太郎がちょっと心配で、こんなにも覇気がなくなるとは思っていなくて。
お姉ちゃんのぬくもりと似たようなクッションにまるまって安心しているみたい。
とうちゃんとばんこって、父と娘の微妙な関係があってね。ほんと、思春期の娘とその親って感じ。ばんこはとうちゃんが大好きなのに、つれないそぶりしたりね。
甘えだすと止まらないくせにーっていつも突っ込まれてた。
とうちゃんに抱っこされるのを一番喜んでたよ。とうちゃんも嬉しそうでしょ。
男親と娘って色々と難しいわ。
Posted by ●MAKIさんへ● at 2011年06月17日 08:05
みかんママさんへ

あの我慢づよいばんこが声をあげるなんてよっぽどのことだと思いました。

1日に何十回も、1時間おきくらいかな・・・
最後の日は30分おきくらい。
この山へ行った時も、少ない量だったけどすでに血がずっと出ていた状態なの。
忍犬いった直後あたりから。色々出血がはじまったのは。
長かった。
安楽死を考える人もきっといると思うし、そういう選択もあってもいいと今回は思った。
ばんこは生きようとしてたし、すやすや寝てたり、お散歩もあるけなくても外に出て匂いをかいだり、お友達がきてくれて嬉しそうな顔してたり。テンションあがってたりしたよ。だからね、選択肢に安楽死は私たちの中ではなかった。
ばんこの思う時期に・・・ばんこの生きる力にまかせようって。我が家でばんこは一番おとなだったよ。
Posted by ●みかん@京都さんへ● at 2011年06月17日 08:13
先にとぅさんがこっそりブログ読んでて泣いてたみたい(ばらしちゃったけど…)
かぁちゃん頑張ってブログ書いて偉いなぁって
慰めなくちゃいけない立場なのに逆にこっちが勇気もらっちゃった。
かぁちゃんの気持ち凄くよく伝わってきたよ。
一心同体!!永遠にバンコちゃんの心は母ちゃんやとぅちゃん、ぴー太郎のそばに居るね。
アタシたちのそばにも感じるよ。誕生日が前後だし

これからぴー太郎ととぅちゃんが心配だけど、ぴー太郎はホント大丈夫?
本当にバンコお姉ちゃんが大好きだったんだね。
震災がアタシ達の再会を邪魔したけど、
あの震災がバンコちゃんに無理させない為の注意信号だったかもしねないね。

Posted by かぁたん at 2011年06月19日 01:48
マイナスイオン出しまくって、父ちゃんと母ちゃんを癒し続けたバンコちゃん! お勤めご苦労様でした m(_ _)m 

☆ また遊びに来ます ☆
Posted by smart at 2011年06月19日 15:15
バンコちゃんのご冥福をお祈りいたします。
バンコちゃんありがとう。

はじめまして、momoといいます。
バンコちゃんとは、同じ年なので時々可愛い姿をのぞきにきていました。
なんだかmomoとも性格が似ているような気がして、、、

バンコちゃん、ありがとう。
Posted by momo at 2011年06月19日 17:50
かぁたんへ

とうさんがこっそりみて泣いてたらしいよってとうちゃんにゆうと、とうちゃんまでそれを聞いて涙ぐんでた・・・

私がぴー太郎を連れて明石にお墓参りに帰ってる間にブログをみたみたいでね、泣いたみたいよ・・・(男はこっそり泣くらしい)

ある線を越えると私もとうちゃんもとめどなく泣きそうになるから線を越えないように気持ちをコントロールしてる所があるかな。

ブログは、きっとかぁちゃんがダメダメでぼろぼろだと心配してる人が多いだろうなと思って、書きました。
かぁちゃん大丈夫だからね。
闘病中の辛そうなばんこや、私を見つめる目を思い出すたび胸が詰まって痛くなるよ。
これは、一生心にもって過ごすことになると思うけれど、ばんこの笑顔もとぼけた顔も一緒に思い出すと涙も笑顔に変わるね。

みんなに大事にされて本当に幸せだったと思う。ありがとね。とうさん、かぁたん。


Posted by ●かぁたんへ● at 2011年06月20日 08:30
smartさんへ

本当にマイナスイオンだらけの娘でしたよ。
いつもばんこを見守ってくれて本当にありがとうございました。

またぴー太郎も引き続きよろしくお願いしますね。
ばんこはステップアップして、あちらにいきました。
今度生まれ変わる時は、人になってると思います。
Posted by ●smartさんへ● at 2011年06月20日 08:37
はじめまして、ばんぴーかぁちゃんです。
コメントありがとうございます。

momoちゃんも今年12歳なんですね。
ばんこは7月がお誕生日でした。
ばんこの分までmomoちゃん、頑張って元気で楽しく過ごしてくださいね。

momoちゃん、あのAUのブルテリアちゃんだったんですね。
またブログにもお邪魔させてくださいね。
私の知らない所で、ばんこを思ってくれてる人がいて嬉しく思います。
ありがとうございます。
Posted by ●momoさんへ● at 2011年06月20日 08:42
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2708253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック